#23

#23


もみじ狩りで迷い込んだ常緑樹の森

木漏れ日が藍い光のたまになって

キミの瞳も蒼く輝いていたよ


そえにゃん

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://nekoyuhi.blog.fc2.com/tb.php/76-89c72e4f

Comment

通勤ネコ

そえにゃん様

きらめく木漏れ日は、水面のゆらめきのようにも見えますね。
しっとりとした素敵なブルーの世界…
その中心に存在する猫の瞳には、何が映っているのでしょう。
美しい作品ですね。
  • URL
  • 2012/11/28 22:28

そえにゃん

通勤ネコさん
ありがとうございます。
シャムのような猫でした。
緑の森の中、たったひとりで
少し哀しげに見えましたが、気高さに惹かれました。
  • URL
  • 2012/11/28 22:51
  • Edit

デュエット

リリアン・ブラウンのシャム猫ココシリーズシリーズが好きでした。
連載が長く続きすぎて?ストーリーが面白くなくなって、でも挿絵が好きで買っていました。
山城隆一さんという方がお描きになっていてたいへん好きだったのですが、亡くなられて別の方にバトンタッチになって。
それから読まなくなってしまった。(/_;)

シャム猫は頭が高くて(笑)好きです。
体の黒い部分は体温が低いのだそうで、子供の頃は全体的にねずみ色っぽいのが段々グラデーションが入る、そう読んだ記憶がありますが記憶誤りかも。

シャム猫は太っちゃいけませんね。

そえにゃん

デュエットさん
さすが読書家のデュエットさんですね、
恥ずかしながら私は読んだことがないのですが
山城隆一さんの絵はすきです。切手にもなリましたよね。
山城さんご自身も確か猫好きです。

シャムの子猫に縞模様が入るのは初めて知りましたが、
シャムと掛け合わせてできたロシアンブルーは子猫の時に
グレーのグラデーションで縞模様が浮き出ます。
マオは今でも光線の加減でしっぽに縞が見えます。

そうそう、シャムはとてもスリム、しっぽもすごく細いです。
  • URL
  • 2012/12/01 23:15
  • Edit

デュエット

ロシアンブルーの仔猫のシッポは縞模様なんですね。
知らなかったです。
私は、毛足の短い猫さんのほうが好きかなぁ、
特にシャムは繊細な感じがするのと、ロンパリ風の目つきをするのが素敵です。

そえにゃん

デュエットさん
身体にも縞がでる子もいるようですよ。
昔は(と言うと年がバレそうですが)血統書付きの猫と言うと
シャムかペルシャか、でしたね。お金持ちのイメージ(笑)
私も短毛で、耳が三角の「ザ・ネコ」という感じの子が好きかな。
もっとも、出会ってしまえば、どの子も皆好きになるけれども。
  • URL
  • 2012/12/04 08:23
  • Edit

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

right protect

当ブログ写真の複製及び無断使用は固くお断り致します。
Never reproduce or republicate without written permission. copyright ©ねこゆひ, all rights reserved.